自分の顔に合ったフレームを選んで“メガネ美人”に!

自分の顔に合ったフレームを選んで“メガネ美人”に!

デザイン、素材、かけ心地、顔とのバランス……。

あなたはメガネを選ぶとき、どこにポイントを置いていますか?

せっかく素敵なメガネを選んでみても、残念ながらそれが自分の顔に必ず似合うとは限りません。

今回は、気軽に自分に似合うメガネを見つける方法をご紹介します!

顔の中でメガネが占める割合をチェック!

STEP1

まずはメガネのフレームが顔のどこに収まるかを確認しましょう。

フレームの縦幅は、眉毛からあごまでの長さを3分割にしたとき、上3分の1の部分に収まるとバランスが良く見えます。

 

STEP2

次に見る大事なポイントは、眉毛とメガネのフレームの上のライン。このラインがあまりにも違っていると、

バランスが悪くなってしまうので注意です。

 

STEP3

メガネをかけたときにフレームの中央に目の位置がピッタリくると、顔がとても自然に見えます。

逆にいえば、どんなに素敵なメガネをかけてもフレームの中央付近に目の見える位置がこなくては、

自分に合っているメガネとは言えないでしょう。

 

STEP4

メガネの横幅と顔の一番広いところが一致していると顔との調和がとれて◎。

また、顔幅9割くらいのフレームを選ぶと小顔効果も期待できますよ!

 

STEP5

メガネのフレームは大きく分けてセルフレームとメタルフレームの2種類。

セルフレームは、ずれ落ち防止の役割を果たす鼻パッドまでメガネと一体化しているものが多いで一方で、

メタルフレームはほとんどに鼻パッドがついています。

 

鼻パッドが低いと、レンズにまつげが当たってしまい視界がなんだか見づらい……ということにもなりかねません。

鼻パッドの位置を調整し、快適でずれないメガネを身に付けましょう。

左からセルフレーム、メタルフレーム、縁なしフレーム。フレームによって顔の印象は大きく変わります!

顔型から見るピッタリなメガネって!?

顔の輪郭もまた、メガネ選びにとって重要なポイント。

日本人の代表的な3つの顔型から、どのようなメガネが合うのかチェックしてみましょう!

三角顔さんにおすすめ「ウェリントンタイプ」

①,②は丸みのある、柔らかい印象に。

三角顔の場合、③のような角ばったフレームを選ぶとよりシャープに見え、きつい印象になってしまいます。

丸顔さんにおすすめ「スクエアタイプ」

フェイスラインが引き締まって見える効果がある①,②に比べ、③は顔のラインを強調してしまうのでNG!

キリッとするスクエアタイプのメガネをかけて、シャープに見せましょう。

面長顔さんにおすすめ「オーバルタイプ」

フレームが上だけにある③は面長さを強調してしまいますが、①のような上下幅が広めのもの、

②の下だけのフレームタイプのように中央で顔を二分するものは顔の長さを緩和するのでグッド!

フレームの内側に好きな色を♪

さいごに、メガネフレームのカラーについてプチ情報です!

みなさんはフレームの色にこだわりはあるでしょうか? 人から見える部分のフレームの色はこだわっても、

メガネの内側部分についてとなると果たしてどうでしょう。

 

内側に明るいビタミンカラーを使ったメガネをかけると、私たちの目は無意識にその色を確認し、エネルギーを与えてくれるのだとか。

周りから見えない部分に自分の好きなカラーを取り入れて、メガネライフを楽しんでみるのもいいかもしれませんね!