小まめにケアしないと実は大変!?目の下のくまを改善しよう

小まめにケアしないと実は大変!?目の下のくまを改善しよう

 

 

疲れ切った印象を与えたり、元気がなく見えちゃったり…

目の下にくまがあると、自分の顔を鏡で見ていても気分が下がるし、あまりいいことはないですよね。

 

 

 

 

 

実は「目のくま」の正体は、血行不良で黒ずんだ毛細血管や皮膚の色素沈着。

睡眠不足や心身の疲れを溜め込んでいると、血流が悪くなったり、皮膚にメラニン色素が沈着したりすることがあります。

目の下の皮膚はとても薄いため、血行不良で青黒くなった血管が透けて見えたり、

紫外線などの影響で沈着してしまった色素が「くま」となって目の下に現れているのです。

 

「くま」にも種類があり、発生する原因によって色のタイプや解決法も違うのだとか。

さっそく調べてみました。

 

  • 青ぐま(血行不良による目のくま)

睡眠不足や疲労、ストレス、目の疲れによる血行不良などで青っぽく見えてしまう、いわゆる「疲れぐま」。

 

  • 黒ぐま(くぼみや凹みなどによる目のくま)

目の下に出来る窪み、目の周りの筋肉のたるみなどで涙袋や皮膚が前に突き出し、影のようになって見える。

 

  • 茶ぐま(色素沈着による目のくま)

目の周りの、シミ、くすみ、色素沈着などで茶色っぽく見えるくま。

 

目のくまは3つの種類に分けることができるんですね!

 

気になるそれぞれの改善方法はというと、

 

 

 

 

「青ぐま」のの予防や改善方法は血行を良くすることが一番!

血液をサラサラにしてくれる食べ物を食べたり、温かいタオルを目に当てたりして、血の巡りを良くしましょう。

 

「黒ぐま」は、加齢によって起きる皮膚のたるみが主な原因。

コラーゲンなどを多く取り入れ、肌に張りを持たせてあげると予防ができます。

 

「茶ぐま」は、長い期間にわたる化粧品の影響や紫外線による影響から、メラニン色素が沈着して目の周りが茶色くなります。

シミやくすみの要因ともなりますので、ビタミンCを摂ったり、日焼け予防をするなど毎日きちんとシミ対策をしましょう。

目の周りをこすり過ぎないように注意することも大切です。

 

いかがでしたか?

「目は口ほどにものを言う」とも言いますよね。目元のくまで印象が台無しにならないよう、日々のケアで予防や改善を目指しましょう!