冬のお悩み“カサカサ乾燥肌”パーツ別対処法

放っておくとシミやシワの原因に!?冬のお悩み“カサカサ乾燥肌”パーツ別対処法

 

世の中の大半の女性が何かしら一つは抱えているのが、お肌の悩み。

特に今のような寒〜い冬の時期なら、

お悩み率の最も高いのは冬の乾燥肌ですよね。

 

人によっては、保湿クリームを塗るなどの対処法だけでは解消されなかったり、

強烈なかゆみを引き起こしてしまう人も。

乾燥しやすいパーツにも個人差があり、時には全身に渡ってひどい乾燥に悩んでいる人の声も聞きます。

 

さらには、冬の乾燥肌をそのまま放おっておくと、

なんとシミやシワの原因になることもあるのだとか。

 

なんとも悩ましい冬の乾燥肌問題。

そこで今回は、放っておくとシミやシワの原因に!?もなるという

冬のお悩み“”カサカサ乾燥肌”のパーツ別対処法をご紹介したいと思います。

 

 

冬のカサカサ乾燥肌はなぜ起こる?

 

冬になると乾燥肌になってしまうのは、

急激な気温の低下や空気中の水分量の減少によって、肌の血行が悪くなり、

さらには代謝が落ち、「肌のバリア機能」が低下してしまうのが原因といわれています。

 

肌のバリア機能とは、

肌を覆う表皮の外側にある「角質層」が肌の水分量を保ったり、

外部の刺激から肌を守ったりする働きのこと。

バリア機能が正常な肌は、ターンオーバーによって新しい細胞と入れ替わり、

ニキビなどの肌荒れやシミ、シワのない健康できれいな状態を保っています。

 

一方、バリア機能が低下している状態では、ターンオーバーはスムーズに行われません。

細胞を正常に入れ替え、シミやシワなどの原因となるダメージを回復するタイミングを逃し、

肌トラブルをそのまま出現させてしまうのです。

 

冬の乾燥肌を改善しないまま放っておくことは、

多くの人が想像している以上にキケン。

 

トラブルの元を断ち切るためには、

正しいお手入れで肌を乾燥から守ることが大切です。

 

 

乾燥対策の基本を見直してみよう!

 

保湿アイテムや加湿器を駆使しても

乾燥肌がなかなか改善されないという人は、

実は意外なところを見落とし、乾燥肌を悪化させているかもしれません。

 

  • 自分に合った保湿アイテムを選んでる?

乾燥肌対策といえば、まずはクリームや美容液などの保湿アイテム。

冬になるとドラッグストアの一部を占領するほど数多くの商品が並びます。

種類がとにかく多いだけに、選び方は意外と難しいもの。

どのアイテムにどんな成分が含まれ、どんな効果があるのかがよくわからず、

結局パッケージのデザイン性や香りが良いものなどを基準に選んだりしていませんか?

その選び方だと、肌の状態によっては刺激が強すぎる成分が含まれていたりすることもあるかもしれません。

本気で乾燥と向き合うなら、

自分に最適な保湿アイテムを見つけるためにも、成分や効果は知っておいた方がベター。

ここで保湿効果のある代表的な成分を紹介するので、

保湿アイテム選びの参考にしてみて。

 

  • セラミド

角質層にも存在する最強の保湿成分ともいわれる成分。

水分を間にはさみこんで、湿度が下がった環境でも肌の潤いを逃さないようにしてくれます。

人間の皮膚で生産できるのは、赤ちゃんの頃がピーク。

大人になるほど生産量が減ってしまうので、大人女子は積極的にチャージしたい成分。

 

  • コラーゲン

皮膚の表皮の下にある「真皮」に存在する成分で、

保湿と肌の弾力を保つ働きがあります。

乾燥はもちろん、肌のハリが気になる人向けの美容・保湿アイテムによく含まれています。

 

  • ヒアルロン酸

コラーゲンと同じく真皮に存在し、およそ600倍もの水分を蓄えることができます。

外側から塗る場合は、角質を保湿して肌表面の水分をキープ。

敏感肌の人にも使える肌に優しい成分で、しわやたるみにお悩みの人にもおすすめといわれています。

 

  • 熱いお風呂やシャワーに長時間入っていない?

寒い日には、熱いお風呂やシャワーで芯から温まりたくなるものですが、

熱いお湯は、肌の脂質層を壊し、保湿成分を流してしまうことに。

乾燥対策には40度以下のお湯を使い、肌にお湯をあてる時間は5分以内に済ませるのがベスト。

 

  • 外出の際にきちんと肌を守ってる?

防寒対策として帽子やマフラー、手袋をする人は多いのですが、

寒さに強い人だったり車移動が中心だったりすると、

真冬でも外出の際の防寒具が薄手のコートやジャケット1枚なんていう人も意外と多かったりしますよね。

でもコレ、乾燥対策の点からはNG。

冷たい空気に肌が直接触れることで、乾燥がどんどん進んでしまいます。

露出している部分を布で覆うだけでも乾燥を防げるので、ぜひ意識してみて。

 

 

お悩みパーツごとにしっかりお手入れを

 

乾燥肌とひとことでいっても、

乾燥しやすいパーツは人それぞれで、お手入れ方法もパーツごとにそれぞれ。

ここではパーツ別の対処法をご紹介します。

 

洗顔はぬるま湯で時間をかけずに。

すすぎは、こすりすぎやシャワーの水圧の強度に注意して。

保湿クリームを塗る時は、手の平で人肌に温めてから塗ると浸透力がUP。

1回分の使用量を手に取り、鼻、頬、あご、おでこなど数ポイントに分けて付け、

外側に向かって全体に伸ばし、塗りムラを防ぎます。

 

意外と他人によく見られていてるパーツ。

冬はいつも以上にこまめに手洗いをする人も多いと思いますが、

乾燥しやすい人、荒れやすい人は、手洗い後に毎回ハンドクリームを塗るのが理想。

ハンドクリームは顔の時と同様、人肌に温めて伸ばします。

カサカサがなかなか解消しない人は、

入浴後や就寝前に保湿後、5分間ほどビニール手袋をはめて、

ものに触れないようにし、外した後にもう一度クリームを塗るなど、お手軽パックをしてみるのもおすすめ。

 

  • 手足、お腹、お尻など

保湿クリームは、お風呂あがりのほんのり湿った体にすぐに塗ると、

全身になじみやすくなるので◎。

残った水分はタオルで後からふきとります。

手足、お腹、お尻、各パーツごとに「下から上」を意識して塗ると、血行も良くなります。

 

  • かか、やひざ、ひじなど

入浴中に、お湯で角質をやわらかくした後、

スクラブを気になるパーツになじませて洗い流します。

入浴後は乾燥する前に、尿素など角質をやわらかくしてくれるクリームをすり込んで保湿。

カチコチになるほど乾燥してしまったパーツには、

重ね付けや寝る前の2度塗りなどで重点的に保湿することを意識してみて。

 

 

また、ぬるめのお水でこまめに水分を補給したり、

コラーゲン生成に必須のビタミンCや、抗酸化作用のあるビタミンEなどを積極的に摂るなど、

体の内側から乾燥を防ぐのも効果的。

体を温める生姜湯やゆず茶などは冷えを改善してくれて血行が良くなるので、

乾燥のお悩みの点からもおすすめ。

普段の食生活の中で無理なく摂り入れるように工夫してみて。

 

いかがでしたか?

この時期、大なり小なり多くの人を悩ませる乾燥肌。

ぜひ記事を参考にしてツヤツヤの肌で冬を乗り切ってくださいね!